農林中央金庫の来年3月期決算の最終赤字が当初の見通しの約5000億円から1兆5000億円にまで大幅に拡大する可能性であることが分かりました。

 農林中金は先月の会見で、来年3月期の決算では約5000億円の最終赤字に転落する見通しで、約1兆2000億円の資本増強を検討していると明らかにしていました。

 保有しているアメリカを中心とした外国債券の含み損が拡大したためで、農林中金はこうした外国債券を約10兆円規模で売却する方針です。

 売却によって確定する損失を計上すると、来年3月期の最終赤字は約1兆5000億円にまで拡大する可能性があるということです。

 農林中金はリーマンショックの影響で、2009年3月期に約5700億円の最終赤字に陥りましたが、今回はそれを大幅に上回る大幅な赤字に転落することになります。