「190円でステーキ食べ放題」という、夢のような社員食堂が話題となっています。そこには社長の熱い思いがありました。

■広島・福山メーカーの“社食”が話題

大量のステーキ

 プレートの上に、これでもかと積み上げられた、大量のステーキ。ステーキハウスかと思いきや、実はこちらは一般企業の社員食堂なのです。

なんと“190円”で食べ放題

 しかも、このステーキが190円で食べ放題というのだからまさに驚き。

キャステム広報担当 藤田悠希さん
キャステム広報担当 藤田悠希さん
「月に1回チャレンジデーという日を設けておりまして、ステーキ食べ放題だとか、土用の丑の日にはウナギだったりとか、マグロだったりとか、豪華なメニューが食べられます」
広島県福山市のメーカー「キャステム」

 物価高の中、あえて“太っ腹企画”を打ち出したのは、広島県福山市にある金属部品メーカー「キャステム」です。

60キロ以上の肉を用意

 ステーキ食べ放題の日は、60キロ以上の肉を用意。米はおよそ30キロ炊きます。こんがりと焼けた厚切りのステーキを食べやすい大きさにカット。ライスを盛った丼に乗せ、特製ソースをかければ出来上がり。

数え切れないほどのステーキ丼

 ほとんどの社員が食堂を利用するため、厨房(ちゅうぼう)には、数えきれないほどの丼が並びます。

従業員は…
従業員
「すごくおいしいです。一人暮らしをしているのですごく助かっています」
「これを190円で食べられるのはヤバいですよ。最低3回はお替わりしたいですね。これを食べてまた午後も頑張ります」


関連記事

テレ朝newsの他の記事もみる

あわせて読む

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索