ギリシャを訪問している佳子さまが、予定されていた全ての公式日程を終えられました。

 ケルキラ島に滞在していた佳子さまは、30日、宮殿を活用したアジア美術館を訪れ、日本との外交関係樹立125周年の式典で挨拶をされました。

 その後、佳子さまは、美術館が所蔵する江戸時代の浮世絵師、写楽が18世紀に描いた肉筆画をご覧になり、「すごく大切に保存して下さっているものを見ることができて、とてもうれしく思います」などと感想を述べられました。

 美術館を出発する前に、沿道に集まった観光客らと触れ合われるひとこまも見られました。

 佳子さまは、午後、アテネに戻り、国費で日本で勉強していたギリシャ人の元留学生と懇談されました。

 佳子さまは、予定されていた全ての日程を終え、31日午後、帰国の途に就かれます。