なぜ、今回の東京都知事選のポスター掲示板は「1」が2段目にあるのでしょうか?その疑問を東京都に聞きました

■“あらゆる事態”を想定した「新たな工夫」

どちらも「1」が2段目に
どちらも「1」が2段目に

 今回の都知事選のポスター掲示板は「3段」のものと「4段」のものがありますが、どちらも「1」が2段目にあります。

 どうしてなのでしょうか。東京都の担当者によりますと、「候補者数が多くても少なくても対応できるようにするための新たな工夫」だといいます。

 なぜ、候補者数の増減に対応しないといけないのでしょうか。ポスターが貼られるまでには、以下のような流れがあります。

ポスターが貼られるまで
ポスターが貼られるまで
1)東京都が掲示板のデザイン案を示す2)各市区町村が作成・設置(約1万4000カ所)3)告示日(6月20日)以降に立候補者がポスターを貼る

 杉並区によりますと、「市区町村が掲示板の作成を業者に依頼して作成・設置するまでに、最低でも2カ月程度かかる」そうです。

 今月に入り、候補者の数が話題になり始めましたが、それから作っては間に合わないため、前もって、あらゆる事態を準備して掲示板を作っておく必要があるそうです。

 今回、東京都から杉並区には3月中旬にデザイン案が示されたそうで、かなり前に準備していたことが分かります。


関連記事

テレ朝newsの他の記事もみる

あわせて読む

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索