木原防衛大臣は、伊豆諸島沖で訓練中だった海上自衛隊のヘリ2機について墜落したと断定し、搭乗していた8人のうち収容した1人の死亡を確認したと明らかにしました。

木原防衛大臣
「事故発生当初より懸命な捜索、救難活動を行ってきたものの、このような状況に至りましてとても残念でなりません。亡くなられた隊員のご冥福を心からお祈り申し上げます」

 そのうえで、木原大臣は他の7人について「全力を挙げて捜索救難にあたっている」と述べました。

 また、すでに現場周辺でフライトレコーダー2つを発見しているということです。

 木原大臣は「発見場所が近接していることから、2機は衝突した可能性が高いと判断している」と説明しました。

 また、墜落した海上自衛隊のヘリコプターと同型機の訓練について、当面見合わせる考えも示しました。

 海上自衛隊によりますと、ヘリ2機は訓練中の20日午後10時38分ごろから相次いで通信が途絶えたということです。