自民党の茂木幹事長や公明党の山口代表らは中国共産党で外交を担う中央対外連絡部の劉建超部長と会談し、日中の与党間で行ってきた交流協議会を再開する方針で合意しました。

 自民・公明両党の幹部と中国共産党の幹部が意見交換を行う「日中与党交流協議会」は、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響で2018年を最後に行われていませんでした。

 会談では、劉部長から「政党間、議員間の率直な意見交換や対話が極めて重要だ」として協議会の再開の提案があり、茂木幹事長も賛意を示しました。

 具体的な日程については今後、調整するということです。

 一方、体調不良で入院していた二階元幹事長は約1カ月ぶりに公務に復帰し、劉部長と会談しました。

 二階元幹事長は体調を気遣う声に対して「私は元気よ」と応じました。

 また、二階元幹事長は「日中間には様々な課題や懸案があるが、懸案があるからこそ対話が必要だ」との考えを伝えました。

 劉部長も「協議会の再開が合意できて非常に良かった」などと述べたということです。