自民党の麻生副総裁と茂木幹事長が都内で会食し、岸田総理大臣との関係が悪化するなか、9月の総裁選挙も見据え、党内情勢などについて意見交換したとみられます。

 会談は茂木幹事長が呼び掛け、2人だけでおよそ3時間行われました。

 麻生氏は政治資金規正法改正案への対応を巡って岸田総理との関係が悪化していて、麻生派の幹部は「何度も重要な局面で相談をほごにされてもう限界だろう」と話しています。

 9月の総裁選も見据え、今後の見通しなどについて話し合ったとみられます。

 自民党内では岸田総理の退陣論も出ていて、外遊で不在のなかでの会談は臆測を呼びそうです。