自民党の派閥の裏金事件を受けた政治資金規正法の改正案について自民党は、18日午後の参議院の特別委員会で採決する方針です。野党側は反発を強めています。

 (政治部・村上祐子記者報告)
 最終盤に来て、衆議院では法案に賛成した日本維新の会が反対する方針を決めました。

日本維新の会 藤田幹事長
「こうなったからには理想を求めた修正案をもう一度出すということを参議院の方でも検討します。問責決議案の提出も検討したい。国民に対しての裏切りであるということだと思いますので、厳しい態度で臨みたい」

 一方、立憲民主党は、19日の党首討論の結果を踏まえ、衆議院で内閣不信任決議案を提出する見通しです。

 野党の第一党と第二党が、別々に岸田政権に「NO」を突き付ける形です。

 ただ、自民党ですが、維新の問責決議案は取り扱わない考えで「維新側から、総理との合意を破棄したという事だ」と冷ややかです。

 与党は18日、改正案の委員会採決に持ち込む構えですが、夜遅くまでずれ込む可能性もあります。