ロシアと北朝鮮が軍事同盟とも指摘される包括条約を締結したことについて、林官房長官は「深刻に憂慮している」と述べました。

林官房長官
「プーチン大統領が関連の国連安保理決議への直接的な違反となりうる北朝鮮との軍事技術協力を排除しなかった点は、我が国を取り巻く地域の安全保障環境に与えうる影響の観点からも深刻に憂慮しております」

 林長官は、ロシアが北朝鮮から武器弾薬を調達してウクライナで使用しているとし、プーチン大統領の国連安保理による北朝鮮への制裁を見直すべきだという発言について、「到底受け入れることはできない」と非難しました。

 日本政府は引き続き、国際社会と協力しながら「北朝鮮の核・弾道ミサイル計画の完全な廃棄を求める考えに変わりはない」と強調しました。