中国で日本人学校のスクールバスがバス停に到着した際に日本人の親子2人が襲われけがをした事件で、林官房長官は「遺憾だ」と述べ、中国側に申し入れを行ったとしました。

林官房長官
「このような事案が発生したことは遺憾であり、被害者の方の一刻も早い回復をお祈りをいたします」

 林長官は、中国側に対し再発防止や詳細な情報の共有を申し入れ、現地に担当者を派遣して支援を行っていると説明しました。

 また、中国にいる日本人に対し「外出の際は周囲の状況に留意するよう注意喚起を行った」と述べました。