ボクシングの元ヘビー級王者で、57歳でリング復帰を表明したマイク・タイソンさんが、飛行機の中で緊急治療を受けていました。

 現地メディアによりますと、マイク・タイソンさん(57)は26日夜、マイアミからロサンゼルスへ向かう飛行機の中で、吐き気とめまいを催しました。

 30分ほどで着陸した後、救急隊員が機内に乗り込んで治療しました。

 広報担当者は「潰瘍(かいよう)が再発したため」と説明していて、容体は安定しているということです。 

 タイソンさんは1986年に史上最年少で世界ヘビー級王者となり、圧倒的な強さとリング外でのトラブルから「最凶の男」と呼ばれています。

 来月58歳となり、7月に27歳の選手と戦います。