北朝鮮メディアは金正恩総書記の妹の与正(ヨジョン)氏が、韓国側からの「反体制ビラ」散布に再び報復を宣言したと報じました。

 朝鮮中央通信は21日午後、与正氏が韓国の脱北者団体が20日に行った風船による反体制ビラ散布に反発する談話を発表したと報じました。

 与正氏はこのなかで「共和国の国境付近には再び汚い紙くずが散らばっていた」「国境付近の田畑や貯水池などで汚物が見つかったのだ」とあえて「国境」という言葉を複数回使い、韓国側から再び反体制ビラが飛来したと指摘しました。

 また、ビラの散布を行った脱北者団体を「嫌悪感を覚える『脱北者』のくずども」と罵倒しつつ、「やめろと言ったことをまたした以上、我々もせずに済んだ事をするのは当然だ」と述べて再び韓国側への報復を宣言しました。

 朝鮮半島では先月末以降、南北の間で風船による汚物やビラの「飛ばし合い」が続いています。