2人を迎えてくれたのは、満場の拍手でした。

阪神タイガースOBの「鉄人」金本知憲さん、「超人」糸井嘉男さんが今月相次いで、台湾の地元プロ野球チームの始球式に登場。球場を埋め尽くした縦じまユニフォームの地元ファンらの盛り上がりに、2人はそろって驚きの表情をみせました。

日本の虎ファンを対象にしたイベントならいざ知らず、阪神OB選手がなぜ台湾でこんなに大歓迎されるのでしょう。その背景には日台野球交流の深く長年にわたる歴史がありました。

(ANN上海支局長・尾崎文康 台北事務所・頼佳良)

「鉄人」登場に大歓声 「阪神の試合みたい…」

阪神タイガース元監督・金本さんが6月15日夕に姿を現したのは、台湾・台北市内にある「台北ドーム」です。

「金本さん!」と日本語でアナウンスされ一礼して走り出すと、ぐっとバットを握り、何度も素振りをし たうえで始球式の打席に立ちました。 

台北ドームを訪れた金本知憲さん

台湾への訪問は、「学生の時以来」といいます。

客席を埋めたファンの多くは、阪神をイメージした縦じまのユニフォームを着ていてます。現役時代と同じ背番号「6」を付けた金本さんの登場に大歓声を上げました。

これは、地元プロ野球チームの「中信兄弟」が企画した阪神甲子園球場100周年を祝う試合の目玉企画です。

マスコットが投げた自分の股下を抜ける大暴投を、丁寧に空振りした金本選手に、観客はまた盛んに拍手を送りました。

台北ドームでバットを握る金本知憲さん

イベント後、台湾の報道陣に囲まれた金本さんは、現地での日本野球人気を知って驚いた様子。

「(客席に)ファンの方がたくさんいて、阪神の試合を見に来てくれているような感じがしました」と話し、しみじみとこう口にしました。

「ちょっと照れくさい気持ちもありましたが、野球場に来ると、昔を思い出しました。『野球やりたくなってきたな』という気持ちにさせてくれるのが、球場なのかと」


関連記事

テレ朝newsの他の記事もみる

あわせて読む

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索