24年ぶりとなるプーチン大統領の北朝鮮訪問。プーチン大統領が今、北朝鮮との関係を強める背景をひも解きます。

■平壌は歓迎ムード…24年前は?

18日の平壌。大通り沿いにはロシアの国旗とともにプーチン大統領の写真が掲げられ、24年ぶりの訪問を歓迎する態勢が整えられていました。そして、道路の上には「不敗の朝露親善団結万歳」と掲示されていました。

プーチン大統領が前回、北朝鮮を訪れたのは2000年のこと。金正日総書記の時代です。この時、プーチン大統領は就任からまだ2カ月でした。直後には沖縄で行われたG8サミットに出席。欧米や日本の首脳とも肩を並べ、外交デビューを飾ったタイミングです。

以降、訪朝する機会がなかったプーチン大統領ですが、このところ北朝鮮との関係を強めています。去年、金正恩総書記がロシアを訪問した時には、大統領専用リムジンに乗せる親密ぶりでした。その後、同じタイプの車をプレゼントしています。

北朝鮮 金正恩総書記
「今後も常に帝国主義に反対するロシアと行動を共にすると改めて明言します」

この時の金正恩氏の招きに応じて実現したのが今回の訪朝です。朝鮮労働党の機関紙には18日、プーチン大統領の寄稿文が掲載されました。

プーチン大統領の寄稿文
「我々は多極的な世界秩序の確立を阻害する“西側諸国”に反対する用意がある。西側諸国に支配されない貿易、相互決済システムを発展させ、一方的かつ違法な制限措置に共に反対していく」

片や隣国への侵略戦争。片やミサイルや核開発。制裁を受ける国同士が結びつきをさらに深めようとしています。


関連記事

テレ朝newsの他の記事もみる

あわせて読む

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索