2022年9月、静岡・牧之原市で当時3歳の女の子が通園バスに置き去りにされ死亡した事件の裁判で、検察は13日、こども園の元園長に禁錮2年6か月、女の子の元担任に禁錮1年を求刑しました。

この事件は、2022年9月、牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」で、当時3歳の女の子が通園バスに置き去りにされ重度の熱中症で死亡したものです。この事件で、当時、通園バスを運転していた元園長の増田立義被告と当時のクラス担任が業務上過失致死の罪に問われています。

3回目となる13日の裁判で検察は元園長に禁錮2年6か月。当時のクラス担任に禁錮1年を求刑しました。