ハサミやナイフで作り出された切り絵作品の展覧会が22日から浜松市美術館ではじまりました。

浜松市美術館で22日開幕した「7人のミューズ展」は日本を代表する女性切り絵作家7人の作品131点が展示されています。

切り絵作品は創作技法や作風が様々で個性に溢れていて、繊細で特色ある切り絵に訪れた人は見入っていました。

また静岡市出身の福井利佐さんがこの展覧会の為に制作した「浜松」は、浜松の文字の中に地域の特色が数多く散りばめられていて、注目を集めていました。

この「7人のミューズ展」は9月15日まで、浜松市美術館で開催されています。