【3行まとめ】
・「何かおかしい」第4話「いろはにほへと」をプレイバック!
・「オビナマワイド」のゲストは、女優の峯岸静香。静香は、10年前、行方不明になった人気子役・夏南の母親。娘の失踪をきっかけに女優デビューを果たし、映画の宣伝のため番組に出演していた
・するとリスナーから「夏南ちゃんに似ている子がコンビニで働いているのを見た」との目撃情報と動画が届き...

毎週火曜深夜0時30分からは、ドラマ「何かおかしい」を放送中! 「テレ東プラス」では、第4話の内容をプレイバックする!

ラジオ番組「オビナマワイド」は、ラジオ東京の人気生放送番組。この日は、女優の峯岸静香(橋本マナミ)がゲストで登場。MCの藤森慎吾、アシスタントの山之内すずが番組を進行する。

nanikaokashii_20220628_01.jpg

nanikaokashii_20220628_02.jpg
静香は、10年前に突如行方不明になった人気子役・夏南(斉藤百奏)の母親。娘の失踪をきっかけに、自分が女優デビューを果たした。今日は主演映画「天使がいた夏2」を宣伝するための出演で、「峯岸夏南の母親の峯岸静香です。よろしくお願いいたします」と挨拶する。

nanikaokashii_20220628_03.jpg
技術スタッフの今岡(吉田ウーロン太)によると、静香はメディアに出演する際、いつもこの挨拶をしているという。「あくまで主役は娘で、自分は脇役だという意思の表れらしい」と今岡。

「今回は、あの大ヒット映画の9年ぶりの続編。主演だけではなく、初めて監督業にも挑戦した意欲作だと伺いました」

「はい。やはり『天使がいた夏』は、私にとって命よりも大切な作品です」

「映画の公開日は、夏南さんの誕生日だと伺いましたが」

「娘がこれをどこかで観てくれて、私のもとに戻ってくることを心から祈っています」

「この映画のモデルにもなっている夏南ちゃん。芸能界に入ったきっかけ、年齢はいくつの時だったんですか?」

「3歳の時にCMのオーディションに受かったのがきっかけで芸能界に入りました」


7歳でハリウッドとの共作映画のヒロインに抜擢されるなど、超人気子役だった夏南。静香とはいつも一緒で、父親もいなかったため「親子というより姉妹のような関係だね」と周囲に羨ましがられていたという。

静香の公式SNSには、2人で仲良く映っている写真や動画がいくつも上げられている。
SNSも自分で発信していたという夏南。その中には、『いろはにほへと』という絵本を持った写真と、

nanikaokashii_20220628_04.jpg
『ダンスしたよ。またきたい。すきまのじかんけいこしまくって。かわいいふくほしい。ママに話したよ。この本いい』という夏南の文章も。

「夏南ちゃん、この絵本が好きだったんですね」

「そうですね」

「...そして、夏南ちゃんが8歳の時でしたよね」

「はい。いつもどおり学校に行ったっきり、夏南は行方不明になってしまいました...」

涙声で語る静香。番組の公式SNSには、当時の記者会見の映像が貼り付けられていた。静香が自宅で涙ながらに「昨日の朝、学校に行くと、家を出たきり帰ってきていません。どんな些細なことでも構いません、夏南のことをご存知の方がいらっしゃったら教えてください!」と訴えている。

nanikaokashii_20220628_05.jpg
この映像に日本中が同情。捜索生放送の視聴率は30%を超えたが、夏南は依然見つかっていない。

当時出版された静香の自伝小説「天使がいた夏」は大ヒットし、映画化。主演は静香が務めることになり、静香は一躍人気女優となった。
静香が入ったのは、夏南も所属していた大手事務所「オダプロ」。「夏南が見つかるまでの期間限定」という約束で入ったという。

「静香さんの女優デビュー作『天使がいた夏』は、興行収入100億円を超える大ヒットとなりました」

「売り上げの一部で『夏の天使基金』を設立し、親のいないお子さんたちに経済的に豊かに暮らしていただけるよう、支援しています」

「その想いが今回の映画続編を決意させたと」

「娘がいなくなって10回目の誕生日という大切な節目に、『天使がいた夏2』を公開させていただくことになりました」

静香は最近、15年近く世話になっていた「オダプロ」から独立。円満退社を強調するが、放送作家の花岡(濱正悟)がネット検索すると、ギャラ問題で事務所と揉めたという記事が次々ヒットする。

「なるほど。夏南ちゃんがいなくなって10年ですか」

「9年11ヵ月と8日、7時間35分前です」

「これが母の愛だよ。何年経っても覚えているもんですよね。片時も忘れないですよね」

「そうですね」と涙ぐむ静香。

リスナーから、夏南の情報が寄せられた。近所のコンビニで夏南に似た女性店員を見かけたという。

『とはいえ、小学生の頃の夏南ちゃんしか知らないので、大きくなったらこんな感じになるのかぁという想像でしかないのですが…。映像も撮りました』との情報に、「本当ですか!」と目を見開く静香。

nanikaokashii_20220628_06.jpg
映像をクリックすると、たしかに夏南の面影があり、静香は「これは…夏南です!」と確信を持って言う。

「会いたい!」

花岡は、コンビニに中継隊と静香を向かわせることを提案。番組は『夏南ちゃんを探せ!』という緊急企画を立ち上げ、リスナーから情報を募集することに。

コンビニの動画は位置情報が出てしまっていため、すぐに場所が特定された。SNSがざわつき始め、リスナーが隠し撮りした写真や動画がいくつも貼り付けられている。

「リツイートの数ヤバいっす。もう3000超えてますし、トレンド入りしてます」

「スゲーな!」

MC陣とコントロールルームは色めき立つが、「10年間見つからなかったのに、映画の公開に合わせて見つかるって出来すぎじゃないですか?」と疑問視する花岡。藤森は「それは静香さんの日頃の行いよ」とたしなめる。

すると、夏南がアルバイトの面接に来たという蕎麦屋の店長から番組に連絡があり、スタジオと電話をつなぐことに。

「かわいい礼儀正しいお嬢さんで。けれど面接中に孫が帰ってきて、『夏南ちゃんだ!』って言ったら出てっちゃって。結局うちでは働いてないですけど」

「ご主人のお店はどちらですか?」

「新八王子です」

「目撃情報のあったコンビニのすぐ近くですね。やはりその近辺にいるんですかね?」

「個人情報だとか色々うるさい時代だけど、子どもは親と暮らすのが一番幸せだからね。だから連絡したんですよ」

続いて、芸能リポーターの古田剛と電話がつながった。リポーター歴40年、昔は活躍していた古田だが、最近はめっきりテレビで見ない。花岡が調べたネット記事によると、芸能界のタブーに切り込みすぎて、「オダプロ」から圧力をかけられたという。

昔から面識があり、「お〜懐かしい。『ゴシップ一つで白飯三杯』の古田さん、ご無沙汰してます」と挨拶する藤森。

「お久しぶりです。夏南ちゃん探してるんですか?」

「そうなのよ。昔よく古田さんも夏南ちゃんを取材してましたよね? もしかして何か情報を知ってるとか?」

「いや、そうではなくて…もしかしたら、そっとしておくのもいいのかなと思って」

「そっとって、夏南ちゃんを? そりゃないでしょ」

「けど、10年ということは彼女ももう大人ですし、もし静香さんに会いたかったら、自分から会いにきてるんじゃないですかね?」

「でも、母親の静香さんが会いたいって言ってるんですよ」

「そうですけど…夏南ちゃんの捜索って、もともと静香さんが打ち切りをお願いしたんです。これ以上、迷惑をおかけするわけにはいかないっていう理由でしたけど、本当は…」


古田がそこまで言いかけたところで、遮るように「ご無沙汰です」と静香が通話に参加する。

「夏南をよく取材していただいて、本当にありがとうございます。もしまた夏南が見つかったら、以前のように取材をお願いいたします」

「いや、はい、また…そうですね。おかげで今はもう仕事もだいぶ減らされたんで…」

「私も、まだ間接的にオダプロとはつながっておりますので、ぜひ」

「…えっと、藤森さん、1つだけ映像をお送りします。何かのヒントになるかもしれ
ないんで」

番組公式SNSに、古田のアカウントから動画が送られてきた。幼い頃の夏南が、絵本を抱えながら「いろはにほへと」の童謡を歌っている、どこか不気味な映像だ。

nanikaokashii_20220628_07.jpg
「なんか隠れた音のメッセージが入ってるとか? なんでこんな映像送ってきたんだろう」とあやしむ五十嵐(今井隆文)。

すると、花岡が「これ見ました?」とパソコンを持ってコントロールルームにやって来る。見せたのは、先ほどの静香の会見動画。「母親犯人説を裏付ける動画」というコメントとともに貼り付けられているが、花岡によれば、こちらは放送された映像の元素材だという。

「サイズが違うんですよ」

「ああ、4:3だろ? デジタル放送が始まる前の」

「これ、4:3でもないんです。16:9で撮影したけど、横がカットされてるんです」

「えっ、なんのために?」

「気づきません? 端っこ見てくださいよ」

元素材の映像を再生すると、端に赤いランドセルが映っていた。

nanikaokashii_20220628_08.jpg
「峯岸静香は学校に送り出した後って言ってたもんな」

「そうなんですよ。本当に学校に送り出した後なら、ランドセルがあるのはおかしいですよ」

「だけどなんで、今になって元の素材が出回ってるんだ?」

「事務所辞めたからじゃないですか? 僕、そういうバイトしたことありますよ。所属タレントにとって不利益な映像とかを消すバイト」

「じゃあ、峯岸静香が夏南を行方不明にした…とか?」

「どうですかね。でも、この赤いランドセルの謎は聞いてみたくないですか?」

「でも事務所とまだつながってるって言ってたぞ」

「そんなのウソですよ。聞きましたもん、事務所とギャラで揉めたって。僕、ぶっこんできますわ」

「やめろよ、もしオダプロからクレームきたらどうすんだよ。フリーのお前じゃ責任取れないだろ!」

嬉々としてスタジオに戻る花岡。果たして、夏南失踪事件の全貌とは!?

nanikaokashii_20220628_09.jpg

ネットもテレ東
この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!


【第5話】
中継スタッフ小野寺(樋口日奈)の20歳の誕生日。ということでリスナーのハガキにあった『婚鎮祭』に行くことに。『婚鎮祭』では、20歳の女性しか乗れない特別な神輿があり、乗れるのは儀式で選ばれた女性だけだという。そして、選ばれた女性には素晴らしい未来が待っているといわれている…。山奥にある村に到着すると、村長をはじめ村人たちが手厚く小野寺を迎え、早速、儀式の準備をしようと急かす。

今まで一切外には漏らさなかった秘密のお祭りだが、今日は取材を受けるという…その矛盾に花岡は違和感を覚えるが、儀式は進んでいく。儀式の衣装に着替えにいった小野寺が一向に戻ってこない。村人の様子も何かおかしい…。そう、実はこの村の儀式には、とんでもない恐ろしい目的があったのだ。さらに、番組スタッフ・MCの本性が暴かれることに。