北海道コンサドーレ札幌は12月1日、GK杉山哲(36)が東京ユナイテッドFCに完全移籍したことを発表した。

2004年に鹿島アントラーズに加入した杉山は出場機会を求めて2012年に札幌に移籍。加入2年目で正GKの座を掴んだが、以降は出場機会に恵まれず、今シーズンの明治安田生命J1リーグでも出場はなかった。

東京ユナイテッドへの移籍が決まった杉山は、札幌の公式サイトで以下のようにコメントしている。

「この度、東京ユナイテッドFCに移籍することになりました。北海道での6年間、J2降格と優勝、そしてJ1昇格と残留を経験する事ができました。良い時もそうでない時も常に温かく、時には厳しく支えてくださったサポーター、ファンの皆様には本当に感謝しています」

「熊本地震の際に頂いた励ましの言葉や温かいご支援は一生忘れません!北海道で出会った全てのチームメイト、スタッフ、関係者の皆様、6年間本当にありがとうございました!」