ボルドー、主将の元フランス代表MFトゥラランと契約解除

ボルドー、主将の元フランス代表MFトゥラランと契約解除

ボルドーは18日、双方合意の下で元フランス代表MFジェレミー・トゥララン(34)
との契約を解除したことを発表した。

ナントの下部組織で育ったトゥラランは2001年にトップチームへと昇格。リヨンやマラガなどでプレー後、モナコを経て、2016年夏にボルドーへ移籍。2年契約を結んでいた。

卓越した戦術眼を生かした安定感溢れるパフォーマンスに加え、若いチームの中でリーダーシップを発揮し、2016-17シーズン後半からはキャプテンとしてチームに貢献。今シーズンもここまでリーグ戦20試合に出場するなど、クラブの上位争いに貢献していた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索