イエローカードで10分間の退場!? ラグビーなどで用いられる「シンビン制度」導入か

イエローカードで10分間の退場!? ラグビーなどで用いられる「シンビン制度」導入か

ラグビーやアイスホッケーで用いられている「シンビン」制度が今後サッカーでも導入されるかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

「シンビン」とは危険なプレーや反則を繰り返した場合、該当選手を競技区域から一時的に退場させるというもの。サッカーでは「イエローカードを受けた場合、10分間ピッチから退場する」という内容で国際サッカー評議会(IFAB)では2年前に、各国協会に対してテストを行うことが許可されており、イギリス・ノッティンガムシャーの下部リーグなどでは試験的に導入されているとのこと。

イングランドサッカー協会(FA)の審判部長を務めるニール・バリー氏は、試験的に導入した「シンビン」制度が良い効果をもたらしていると説明。「将来的に導入されることはほぼ確実」とコメントしている。

「私はこの制度が良いものだと思っている。将来的に導入されることはほぼ確実だろうね」

「昨年、我々は32個のリーグでこのシンビン制度を試した。効果はポジティブなものであり、来年は導入するリーグ数を増加させていくつもりだ」

「選手たちがより自分たちの行動に責任を持つようになる。それにより、試合のイメージが良くなることを期待している。試してみた32個のリーグでは、約38%の異義を含めた敬意を欠いた行為が減少している」

「10分間退場することになれば、数的不利となったチームメイトは良く思わない。それが反則を減らすと思っている」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索