契約満了を迎えるカシージャス、ポルト会長は残留を望む

契約満了を迎えるカシージャス、ポルト会長は残留を望む

ポルトのジョルジ・ヌーノ・ピント・ダ・コスタ会長は、今シーズンで契約が切れるGKイケル・カシージャス(36)の残留を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。

2015年7月にレアル・マドリーから加入したカシージャスは、ポルトでも守護神として活躍。今シーズンもポルトガル・プリメイラリーガで17試合に出場。チャンピオンズリーグでも3試合に出場していた。

カシージャスは今年6月でポルトとの契約が満了を迎える。しかし、ピント・ダ・コスタ会長は「もちろん、我々はカシージャスにずっと一緒にいてもらいたい」とコメント。カシージャスについての想いを語った。

「イケルがクラブにいてくれることは嬉しい。彼は素晴らしいゴールキーパーであり、素晴らしい人間だ。彼は、我々にとって偉大なプレーヤーであることを実証している」

「彼が残留するという保証はできないが、もしそうなるのであれば、私はそれを望むよ」

カシージャスは、メジャーリーグ・サッカーのシカゴ・ファイアー行きが濃厚と報じられており、その他にも中国やUAE、メキシコからもオファーがあるようだ。本人はヨーロッパでのプレーを望んでいるようだが、果たして新天地に移籍するのか。それともポルトに残るのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索