柴崎ヘタフェがボルダラス監督と2020年まで契約延長

柴崎ヘタフェがボルダラス監督と2020年まで契約延長

日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは16日、ホセ・ボルダラス監督(54)と2020年まで契約を延長したことを発表した。

2016年9月にヘタフェの指揮官に就任したボルダラス監督はテネリフェとの昇格プレーオフの末に1年で1部昇格に導いた。そして、今季も残留争いに巻き込まれることなくヨーロッパリーグ出場権争いを演じ、第37節終了時点で8位と大健闘のシーズンを送っていた。

28歳で現役を退き監督に転向したボルダラス監督は今季が自身初の1部での指揮となっていた。

ただ、ロングボール主体のサッカーを志向する同監督の下、柴崎はリーガで11試合の先発に留まり、レギュラーポジションを奪うには至っていなかった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索