アルゼンチン代表、オタメンディらに続きペッゼッラが離脱《国際親善試合》

アルゼンチン代表、オタメンディらに続きペッゼッラが離脱《国際親善試合》

フィオレンティーナは14日、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッゼッラが負傷によりチームに戻ったことを発表した。

フィオレンティーナによるとペッゼッラは13日の代表練習中に太ももを負傷したとのことだ。アルゼンチン代表では既にDFニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、MFマティアス・サラチョ(ラシン・クラブ)、MFエドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)の3選手が負傷により代表合流を辞退していた。

アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索