レスター奇跡の優勝を含む3度優勝の元ドイツ代表DFフートが思わぬ形で現役引退を発表

レスター奇跡の優勝を含む3度優勝の元ドイツ代表DFフートが思わぬ形で現役引退を発表

チェルシー、そしてレスター・シティでプレミアリーグを制したことがある元ドイツ代表DFロベルト・フート(34)が引退を発表した。自身のツイッター(@robert_huth)で明かした。

フートはウニオン・ベルリンの下部組織から、チェルシーの下部組織へと入団。2003年7月にトップチームへと昇格していた。しかし、ジョン・テリー、ウィリアム・ギャラす、リカルド・カルバーリョとチェルシーの厚いセンターバックの層の前に控えに回り、満足いく出場機会は得られず。それでも、パワープレー要員や守備固めとして起用され、2005年、2006年にはプレミアリーグ優勝を経験。しかし、2006年にミドルズブラへと完全移籍した。

移籍したミドルズブラでは、ケガの影響もありレギュラーとしてプレーはできず。2009年にストーク・シティへと移籍すると、その強靭な肉体を生かしてレギュラーに定着。2015年にはレスター・シティへ完全移籍すると、センターバックとしてチームを支え、奇跡のプレミアリーグ優勝に貢献。しかし、2017-18シーズン限りで退団していた。

その後は無所属状態が続いていたフートだったが、フリーの選手として移籍の噂が絶えず。すると11日にエージェントを務めるジョン・ハリオット氏がツイッター(@JHFootballAgent)で「フートと代理人はダービーに加入するため、18カ月間の契約に合意した。フランク・ランパードとダービーの幹部は1月18日までにサインしてもらいたいと伝えた。条件面ではフートとクラブが合意している」とツイートしていた。

しかし、このツイートに対して、フートが自身のツイッターで反論。「書いてあるような事実はない。僕は引退しました!」とコメントし、思わぬ形で現役引退を明かした。

フートはプレミアリーグで323試合に出場し21ゴール12アシストを記録。FAカップで35試合に出場し6ゴール、EFLカップで14試合に出場。欧州の舞台では、チャンピオンズリーグでは16試合に出場、ヨーロッパリーグで8試合に出場していた。また、ドイツ代表としては19試合に出場し2ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーに選ばれ、1試合でプレーしていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索