肉、魚、卵、乳製品をシャットアウト! 約2ヵ月ぶり復帰のスモーリングがビーガンを絶賛

肉、魚、卵、乳製品をシャットアウト! 約2ヵ月ぶり復帰のスモーリングがビーガンを絶賛

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFクリス・スモーリングが、自身がビーガンになったことを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

“ビーガン・ダイエット”とはベジタリアンの一種の中でも特に厳密なものを差し、一切の動物性食物を摂取しないという食事スタイルだ。近年では大きな広がりを見せており、アーセナルDFエクトル・ベジェリンやF1レジェンドのルイス・ハミルトン、テニススターのビーナス・ウィリアムスなど超一流のスポーツ選手も取り入れている。

そして、ユナイテッドで巻き返しを誓うスモーリングもその一人。完全な菜食主義を取り入れたスモーリングは肉、魚、卵、乳製品をシャットアウトしており、コンディション調整に大きな改善がもたらされたと感じているようだ。

「僕らはハムストリングのテストをしたんだけど、僕は前回のテストから(筋肉量が)35%増加したよ。バイク(トレーニング)で僕はパワーアップしたんだ。日に日に強くなっていて、良い結果を出しているよ」

「ビーガンになる前でさえ、赤身の肉を切り分ける方法で腱炎と試合後のリカバリーが大幅に改善された。かなりの数の症状があったんだけど、完全にビーガンになってからは全く感じないよ」

「試合が終わって2日目に最も疲労を感じることがよくある。でも、僕の疲れ具合は低下していて、2日目にも以前より遥かに回復を感じるんだ」

なお、昨年12月上旬に足を負傷して長期離脱を強いられていたスモーリングは、今シーズンここまで公式戦19試合の出場に留まっている。2月9日のプレミアリーグ第26節フルアム戦(3-0で勝利)で復帰したばかりであり、ビーガンの効果が出ているかの判断は今後のパフォーマンス次第となりそうだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索