アーセナル、チェフ後釜にバーンリーのイングランド代表GKをリストアップか?

アーセナル、チェフ後釜にバーンリーのイングランド代表GKをリストアップか?

アーセナルが今シーズン限りで現役を引退する元チェコ代表GKペトル・チェフの後釜としてバーンリーのイングランド代表GKニック・ポープ(26)の獲得を検討しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

前述のようにドイツ代表GKベルント・レノのバックアップを担うチェフの引退が決定しているアーセナルでは、その後釜の確保が今夏の優先事項となっている。

そして、アーセナルが獲得に興味を示しているのが、昨季バーンリーの守護神として活躍し、イングランド代表デビューも飾ったポープだ。

2016年にチャールトンからバーンリーに加入したポープは昨シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。だが、今季は共にイングランド代表経験のあるGKトム・ヒートン、GKジョー・ハートとのポジション争いに敗れ、ここまでリーグ戦での出場機会はない。

また、バーンリーを率いるショーン・ダイチェ監督は先日に前述の3選手のうち、1人が今季限りでチームを去る可能性を認めていた。

なお、バーンリーはポープの移籍金を1000万ポンド(約14億2000万円)前後に設定している模様だ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索