ウェールズがスロバキアにシャットアウト勝利で白星発進!《ユーロ2020予選》

ウェールズがスロバキアにシャットアウト勝利で白星発進!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選・グループE第2節、ウェールズ代表vsスロバキア代表が24日に行われ、1-0で辛勝した。

クロアチア代表が同居しているグループE。初戦を迎えるウェールズは4日前に行われ、1-0で辛勝した親善試合のトリニダード・トバゴ代表戦を欠場していたベイルやB・デイビス、ジョー・アレンらが先発となった。

一方、3日前に行われた初戦のハンガリー代表戦を2-0と勝利したスロバキアは、ハムシクとシュクリニアルの両主軸が引き続きスタメンとなった。

試合は開始5分に動く。ペカリークのゴール前でのボールロストをカットしたダニエル・ジェームズがペナルティアーク中央から豪快なミドルシュートをゴール左に叩き込んで、ウェールズが先制した。

先制後も縦に早い攻撃で主導権を握るウェールズがゴールに迫ると、21分には左クロスに合わせたブルックスのシュートがわずかに枠の左に外れた。

自陣に引いてカウンターを狙うウェールズは39分に決定機。右サイドから切れ込んだブルックスがDFをかわして左足でシュート。だが、巻いたシュートはわずかに枠の左に外れた。

前半を1点のリードで終えたウェールズは、53分にベイルがヘディングシュートでオンターゲットを記録。

しかし直後の54分、スロバキアに同点のチャンス。スルーパスでボックス左に抜け出したルスナークがGKと一対一に。しかし、シュートはヘネシーの好守に阻まれてしまった。

ひやりとさせられたウェールズは72分、ゴールを決めたダニエル・ジェームズに代えてDFのウィリアムズを投入。逃げ切りを図った中、82分にはジュリシュのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKヘネシーが好守で凌いだ。

終盤にかけても押し込まれたウェールズだったが、1点のリードを保って白星発進としている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索