名手デ・ヘア、失態のCLバルサ戦後に謝罪

名手デ・ヘア、失態のCLバルサ戦後に謝罪

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・へアが16日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦、チームメイトに詫びたという。イギリス『エクスプレス』が報じた。

ホームでの1stレグで0-1の先勝を許したユナイテッド。続く16日の2ndレグで逆転突破に向け、勝利が求められ、立ち上がりから攻勢を仕掛けた。だが、終わってみれば0-3の完敗。パリ・サンジェルマン(PSG)との前ラウンドに続く逆転突破とはならず、ベスト8敗退が決まった。

この2ndレグでもゴールマウスを守ったデ・へアだが、16分に先制を許すと、続く20分にも失点。その2失点目はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの利き足ではない右足から繰り出された勢いのないシュートだったが、らしくない脇の下を抜かれる凡ミスを犯してのものだった。

そうしたパフォーマンスに批判な声が相次ぐデ・ヘアは敗退が決まった2ndレグ終了後、ドレッシングルームで自責の念を強め、チームメイトに謝罪。自身のミスがなければ、ユナイテッドが準決勝に勝ち上がれたかもしれなかったとの旨を口にした模様だ。

近年のフットボール界において、指折りのGKとして数えられるデ・ヘア。今後、プレミアリーグでのトップ4争いに全力を注ぐことになるユナイテッドの守護神として、名誉挽回のパフォーマンスが求められる。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索