イニエスタやビジャがいるのに…スペインメディアも7連敗神戸の惨劇を注視

イニエスタやビジャがいるのに…スペインメディアも7連敗神戸の惨劇を注視

ヴィッセル神戸の惨劇にスペインメディアも注目している。

「バルセロナ化」を掲げ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元同代表FWダビド・ビジャ、スペイン人MFセルジ・サンペールら世界的名手を揃えて今シーズンをスタートさせた神戸。だが、うまくいっていないのが実情だ。

18日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノス戦ではルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタの「IP」を欠いて、1-4の大敗。クラブワーストのリーグ7連敗で順位を15位まで落して、いよいよ降格圏がちらつき始めている。

元バルセロナ勢が在籍していることもあり、神戸の現状を取り上げたスペイン『マルカ』は次のように報じている。

「ヴィッセル神戸のスペイン人、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは、横浜F・マリノスとのアウェイゲームでチームの7連敗に加担した」

「スペイン人選手のなかで先発したのはビジャだけ。12試合で4得点を挙げているが、元バルセロナのストライカーは不発に終わった」

「アンドレス・イニエスタはケガの影響でスタンド観戦。セルジ・サンペールは71分からピッチに立った」

「これにより、ヴィッセル神戸は勝ち点10で降格ゾーンのフェルナンド・トーレスを擁するサガン鳥栖や、ベガルタ仙台と同勝ち点に」

数多き負傷離脱者のエクスキューズがあるにせよ、Jリーグ屈指のスター集団であるチームとして、いただけない体たらくぶりを露呈する神戸。イニエスタやビジャらの実力を知るスペインメディアからすれば、そうした彼らを擁するチームの現状は驚きの事態なのかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索