ソシエダが“イブラ2世”、ドルトムントFWイサクを完全移籍で獲得!

ソシエダが“イブラ2世”、ドルトムントFWイサクを完全移籍で獲得!

レアル・ソシエダは12日、ドルトムントからスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。

なお、移籍金に関しては1000万ユーロ(約12億2000万円)になるとみられている。

イサクは、スウェーデンのAIKソルナで育ち、2017年1月にドルトムントへと移籍。2シーズン過ごしたドルトムントでは、トップチームで公式戦13試合に出場し1ゴール1アシストにとどまっていた。

2019年1月にエールディビジのヴィレムⅡへレンタル移籍すると、エールディビジで16試合に出場し13ゴール7アシストを記録。一躍注目を集めることとなった。

ドルトムントの前線の補強次第ではプレシーズンにチャンスを与えられる可能性が伝えられていたが、完全移籍での旅立ちとなった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索