【J1ピックアッププレビュー】昨季は川崎Fがダブル! 上位争いを左右する一戦《川崎Fvs札幌》

【J1ピックアッププレビュー】昨季は川崎Fがダブル! 上位争いを左右する一戦《川崎Fvs札幌》

14日、明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が、等々力陸上競技場で行われる。

インターナショナルマッチウィークによる中断が明け、再開を迎えるJ1リーグだが、トゥーロン国際大会に臨んでいるU-22日本代表メンバー、そしてコパ・アメリカに臨む日本代表メンバーを欠いた戦いとなる。

◆若き才能を欠く両者

前述の通り、多くのチームが選手を欠いて臨む今節。川崎FはU-22日本代表としてトゥーロン国際大会に臨んでいるMF田中碧、札幌は同じU-22日本代表のFW岩崎悠人、そしてコパ・アメリカに臨んでいるFW菅大輝を欠くこととなる。

田中は第3節で初出場すると、そこからボランチの一角として9試合に出場。ケガ人が続出したチームを支えた。また、菅はウイングバック(WB)として今季リーグ戦全試合に出場。岩崎も5試合で途中出場と、チームにとって欠かせない戦力だ。

チームに影響を与える選手を欠いての一戦。昨シーズンは川崎Fがダブルを達成。札幌にとっては唯一ダブルを許した相手だけに、燃えるはずだ。◆フィニッシュのクオリティを上げられるか〜川崎フロンターレ〜

中断前の浦和レッズ戦では、終了間際のプレーで森脇良太にゴールを許し、追いつかれてのドロー。首位のFC東京に勝ち点差を広げられることとなった。

悪い流れが引きずる可能性もあったなか、それを断ち切る中断期間に入れたことはプラスだろう。FC東京との勝ち点差は「6」。3位の横浜F・マリノスとは勝ち点で並び、名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、大分トリニータとは勝ち点差「3」という状況だけに、負けられない一戦となる。

ここ最近の試合では川崎Fらしいゲームコントロールやチャンスメイクが見られるものの、フィニッシュワークという点では物足りなさを感じる。最後のクオリティという点では、まだまだ伸び代があるだけに、厳しい上位争いから抜き出るためにも、フィニッシュのクオリティ、そしてバリエーションを手にしておきたいところだ。

◆魅惑の攻撃ユニットが機能するか〜北海道コンサドーレ札幌〜

対する札幌は、川崎Fを勝ち点差「4」で追いかける7位に位置。ここでの勝ち点3が持つ意味は相当に大きい。

昨シーズンは最後に3位の座を明け渡し、悲願のAFCチャンピオンズリーグ出場も夢と儚く消えた。それだけに、このままズルズルと上位争いから離れて行くのは避けたいところだろう。

前述の通り、左WBとして全試合に出場していた菅が日本代表活動のため不在。ここから最低でも2試合は不在となるため、チームとしての総合力が求められることとなる。

そこで期待したいのが、前線の3助っ人だ。負傷の為、キリンチャレンジカップ参加を辞退した鈴木武蔵に代わって、ジェイがトップに、2シャドーにはチャナティップとアンデルソン・ロペスが起用されるはすだ。

ここまで9試合に出場し7ゴールを記録しているアンデルソン・ロペスも復帰戦となり、強力な攻撃ユニットが揃うことに。3人の助っ人が川崎Fの守備陣をいかに崩すかに注目だ。また、古巣対戦となる福森晃斗のFKにも注目だ。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆川崎フロンターレ[4-4-2]

©️CWS Brains, LTD.
GK:チョン・ソンリョン
DF:車屋紳太郎、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平
MF:家長昭博、守田英正、大島僚太、長谷川竜也
FW:知念慶、レアンドロ・ダミアン
監督:鬼木達
U-22代表:田中碧
現時点で組めるベストメンバーを揃えると予想できる川崎F。この試合では、レアンドロ・ダミアンと知念慶が2トップを組むと予想する。中盤も右には復帰3戦目となる家長昭博、左には長谷川竜也が入ると予想。最終ラインには対人守備の強さを見せるジェジエウが、札幌の強力攻撃陣を迎え撃つ。

◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1]
©️CWS Brains, LTD.
GK:ク・ソンユン
DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗
MF:早坂良太、荒野拓馬、深井一希、白井康介
MF:アンデルソン・ロペス、チャナティップ
FW:ジェイ
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ
出場停止:ルーカス・フェルナンデス
日本代表:菅大輝
U-22代表:岩崎悠人
左WBの菅大輝がコパ・アメリカに参加するため不在。チームを支えてきた菅の代わりには、白井康介が初先発で入ると予想する。また、鈴木武蔵が万全の状態でないため、ジェイがトップに入ると予想。ケガが癒えたアンデルソン・ロペスも復帰するため、前線の3枚がカギを握る。
【注目選手】
◆MF守田英正(川崎フロンターレ)
©️CWS Brains,LTD.
川崎Fの注目選手は、日本代表MF守田英正だ。キリンチャレンジカップではトリニダード・トバゴ代表戦に出場。そつない守備を見せ、しっかりとプレーしてチームへと復帰した。札幌戦では、チャナティップ、アンデルソン・ロペスの強力なシャドーと見ることになるはず。さらに、ボランチの攻撃参加、または縦パスをいかに食い止めるかが勝負を分けるだろう。バイタルエリアの守備をいかに締められるかに注目だ。

◆FWアンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌)
©️J.LEAGUE
札幌の注目選手は、復帰戦となるアンデルソン・ロペスだ。第3節の清水エスパルス戦で見せた4ゴールは記憶に新しいところ。その後も得点を重ねていたものの、ケガの影響で5試合を欠場した。そんなアンデルソン・ロペスの復帰戦と予想されるこの試合。溜まったものをピッチで吐き出す可能性はある。前線との連携で川崎Fの守備陣を無力化できるかに期待だ。

◆ポイントはボランチが機能するか
この試合のポイントは、ボランチが機能できるかどうかだろう。[4-4-2]と[3-4-2-1]という噛み合わせとなるため、攻守にわたってボランチが機能できるかが勝敗を分けるはずだ。

守田と大島、深井と荒野のダブルボランチコンビが、守備をしっかりと行うことだけでなく、攻撃にいかに絡むことができるかだ。川崎Fの場合はサイドとの絡み、札幌の場合は2シャドーとの絡みがポイント。主導権を握るだけでなく、ボランチの効果を生み出せるかがカギとなる。

中断明けのフライデーナイトJリーグ、川崎Fvs札幌は19時にキックオフを迎える。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索