全勝のオランダがラウンド16でなでしこと激突! 劇的勝利のカメルーンが奇跡のGS突破!!《女子W杯》

全勝のオランダがラウンド16でなでしこと激突! 劇的勝利のカメルーンが奇跡のGS突破!!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループE最終節のオランダ女子代表vsカナダ女子代表が20日に行われ、2-1でオランダが勝利した。

すでに決勝トーナメント進出を決めている両チームが首位通過を争う一戦。試合は開始早々に動きを見せる。2分、オランダは前線からハイプレスをかけたベッキーがボックス内でファン・ルンテレンに倒されると、主審はPKを宣告したがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆りボックス外からのFKと判定された。シンクレアのFKはオランダの壁を直撃した。

一進一退の攻防が続く中、カナダは22分にチャンス。シュミッドの浮き球のパスで相手DFの裏に抜け出したウイテマが相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らしたが、このゴールはオフサイドの判定で取り消された。

対するオランダは33分、ボックス中央でパスを受けたミデマーが反転で相手DFをかわしゴールエリア右付近からシュート。しかし、このシュートは左ポストに弾かれた。

ゴールレスで迎えた後半、先にスコア動かしたのはオランダ。54分、ボックス左横で獲得したFKからスピッツェがクロスを居級すると、デッカーがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。

先制を許したカナダだが、すぐに反撃に出る。60分、ウイテマのパスをボックス右までオーバーラップしたローレンスがダイレクトで折り返すと、ファーサイドから走り込んだシンクレアがすべり込みながら左足でゴールに流し込んだ。

同点に追いつかれたオランダだが76分、ミデマーのパスをボックス右で受けたファン・ルンテレンが相手GKとDFの間に折り返しを供給。これをゴール前に走り込んだ途中出場のベーレンスタインが流し込み、勝ち越しに成功した。

結局、これが決勝点となりオランダが2-1で勝利。オランダがグループステージ3連勝で首位通過、カナダが2位通過となった。なおグループEを首位で通過したオランダは、決勝トーナメント1回戦でグループDを2位で通過したなでしこジャパンと対戦する。

また、同時刻開催のカメルーン女子代表vsニュージーランド女子代表は、2-1でカメルーンが勝利した。試合が動いたのは57分、カメルーンは左クロスを中央でコントロールしたヌクートがゴール前まで抜け出し、シュートをゴール右隅に流し込んだ。

先制を許したニューシーランドだが80分、ボーウェンの右クロスがアウォナのオウンゴールを誘い、同点に追いついた。

このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。96分、中盤で相手のスローインをカットしたカメルーンがそのままカウンター。味方のパスを左サイドのオングエネが頭で繋ぐと、このボールに反応したヌクートがドリブルでゴール前まで持ち込み、冷静にゴールネットを揺らした。結局、試合はそのまま終了のホイッスル。

劇的勝利でグループ3位となったカメルーンは、総得点でグループA3位のナイジェリア女子代表を上回り、決勝トーナメント進出を決めた。

◆グループE順位表
[勝ち点/試合数/得失点]
1.オランダ[9/3/4]※
2.カナダ[6/3/2]※
3.カメルーン[3/3/-2]※
4.ニュージーランド[0/3/-4]
※が決勝トーナメント進出


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索