FC東京は13日、元韓国代表DFチャン・ヒョンス(27)がサウジアラビアのアル・ヒラルへ完全移籍することを発表した。

2012年に韓国の延世大学校からFC東京に入団し、日本でプロキャリアをスタートさせたチャン・ヒョンス。2014年に広州富力へ完全移籍すると、約3年間のプレーを経て、2017年に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで13試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場し、元日本代表DF森重真人とのCBコンビでチームの首位キープに貢献していた。

2013年1月にデビューを飾った韓国代表では、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するなど主力を務めていた。だが昨年、兵役免除のために必要な奉仕活動の実績に関して偽装していたことから、韓国代表から永久追放された。

アル・ヒラルへの移籍が決定したチャン・ヒョンスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「シーズンの途中でチームを離れることは非常に難しい決断でしたし、心苦しいというのが正直な気持ちです。ただ、今は覚悟を持って、新たなチャレンジをしたいと思っています。移籍をして楽なことは何一つないと思いますが、東京での経験を活かし、培ったプレーや人間性をサウジアラビアでも発揮したいと思います」

「そして、東京のファン・サポーターのみなさまには本当に感謝しています。申し訳ない気持ちもありますが、今シーズン東京がリーグ優勝を成し遂げ、トロフィーを掲げられるよう強く願っています。これからも常に東京の結果は気にかけていますので、タイトル獲得に向けて、引き続き東京の応援をよろしくお願いします」