スパーズに不安…フォイス負傷で9月まで離脱

スパーズに不安…フォイス負傷で9月まで離脱

トッテナムのアルゼンチン代表DFフアン・フォイスが足首の負傷で9月まで復帰できない見通しとなった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

フォイスは先月31日に行われたアウディカップ決勝のバイエルン戦で負傷。足首じん帯を損傷し、1カ月以上の離脱が濃厚となった。

同選手は元々、昨季のプレミアリーグ第37節の一発退場が原因で3試合の出場停止処分が下されており、同シーズンの最終節および、19-20シーズンの第2節まで出場できないことになっていた。

だが、右サイドバックを務めていたDFキーラン・トリッピアーをアトレティコ・マドリーに放出したトッテナムにとって、右サイドバックもこなせるフォイスの負傷離脱の影響は小さくない。

『デイリー・メール』は、残り2日となったプレミアリーグの移籍市場において、トッテナムが補強に動くのではないかと予想している。同クラブでは、MFデレ・アリやMFクリスティアン・エリクセンの流出も噂されている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索