マラドーナ、2カ月半でヒムナシア・ラ・プラタの監督を辞任

マラドーナ、2カ月半でヒムナシア・ラ・プラタの監督を辞任

ヒムナシア・ラ・プラタを率いるアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ監督(59)が19日、辞任したようだ。同クラブの会長を務めるガブリエル・ペジェグリーノ氏が明かしている。

マラドーナ氏は9月5日に今シーズン終了までの契約でヒムナシア・ラ・プラタの監督に就任。アルゼンチン1部リーグ5試合を消化して1分け4敗の最下位に位置していたチームを引き継ぎ、8試合を戦って3勝5敗の成績を残していたが、24チーム中22位と低迷を抜け出せずにいた。

現役時代に数々の伝説を残してきたマラドーナ氏は現役引退後、ラシン・クラブらアルゼンチン国内の複数クラブに加え、アルゼンチン代表やUAEのアル・ワスルを指揮。2018年9月からはメキシコ2部リーグに属するドラドス・シナロアの指揮官を務め、昨シーズンは惜しくも1部昇格こそ逃したが、リーグ戦2位で進んだ決勝プレーオフで決勝進出に導いていた。

シーズン終了後、ヒザと肩の手術が必要な状態にあることから、健康上の理由によりドラドス・シナロアの監督を辞任していた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る