ジュビロ磐田は9日、日本代表FW川又堅碁(30)とDF森下俊(33)の契約満了を発表した。

川又は2017年に名古屋グランパスから加わり、その初年度から2シーズン連続で明治安田生命J1リーグ二桁得点を挙げる活躍を披露。だが、今シーズンはケガに苦しみ、8試合しか出場できず、ゴールも開幕戦でマークした1得点にとどまった。

森下は2005年に磐田下部組織から昇格後、京都サンガF.C.、川崎フロンターレでプレー。2014年に磐田復帰を果たしたが、近年は出番が減り、今シーズンはJ1リーグ1試合を含む公式戦8試合の出場に終わった。

今シーズンのJ1リーグで最下位に終わり、来シーズンより再びJ2リーグからの出直しとなる磐田。その磐田を退団することが決まった両選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆川又堅碁
「3年間お世話になりました。今年は怪我が続き、チームに貢献出来ず本当に申し訳なく思っています。早く怪我を治してチームに戻りたかったのですが、契約満了に伴い、来季の契約はしないという、サッカー人生初の0円提示を受け、ショックと自分の不甲斐なさにがっかりしています」

「サポーターの皆様には、本当に勇気をもらいましたし、何も返すことが出来ず去らなければならないことをお詫びします。まだまだサッカーをやりたいので、これからチームを探し、もう一度元気な姿を必ずお見せします!! ありがとうございました!!」

◆森下俊
「ユース時代からお世話になり、2014年に復帰させてもらいそれから6年間お世話になり、感謝しています。僕に関わってくれたクラブスタッフの皆様ありがとうございました。今年はチームとしても個人としても、悔しいシーズンになってしまいましたが、自分自身まだまだ成長したいですし、必要とされるところでサッカーを続けたいです」

「直接挨拶出来なかった選手、ファン・サポーターの皆さんには、申し訳ありません。ファン・サポーターの皆さんには最後まで応援して頂き、本当にありがとうございました。またどこかで森下俊がサッカーをやっている姿を見せつけたいです。ありがとうございました」