松本山雅FCは8日、ガンバ大阪のFW高木彰人(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表。期間は2021年1月31日までで、G大阪との公式戦には出場できない。

G大阪下部組織出身の高木は、2014年にトップチーム昇格。昨シーズンはU-23チームで明治安田生命J3リーグ17試合で11ゴールの成績を収め、昨夏にモンテディオ山形へ活躍の場を移した。その山形ではJ2リーグ10試合で1ゴールを記録した。

松本で経験を積むことが決まった高木は、3クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆松本山雅FC
「松本山雅FCのファン、サポーターの皆様、はじめまして!髙木彰人です。松本山雅FCに加入できてとても嬉しく思います!1年でJ1復帰するために1ゴールでも多く決めれるよう頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」

◆ガンバ大阪
「もう1年、期限付き移籍で松本山雅へ行くことになりました!成長して帰ってこれるよう頑張ってきます!」

◆モンテディオ山形
「J1に昇格できなかったこと、また自分がなかなか結果を出せず、本当に悔しい半年でした。しかし、この半年は自分にとって、とても成長できた時間でした! またピッチで会えることを楽しみにしています! 半年間ありがとうございました!」