サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するコロンビア代表FWホセ・イスキエルドが決めたゴールだ。


母国コロンビアでのプロデビューを経て、2014年夏にベルギーのクラブ・ブルージュに加入し、欧州デビューを果たしたイスキエルド。2017年夏には、プレミアリーグ昇格を果たしたブライトンに加入し、イングランドに活躍の場を移している。

ここまでブライトンでは公式戦53試合5ゴール6アシストと期待通りの活躍を見せることはできていないが、2017年10月20日に行われたプレミアリーグ第9節のウェストハム戦では、見事なゴールを決めている。

ブライトンが前半の早い時間に先制し、1-0とリードして迎えた前半アディショナルタイムの47分、左サイドのイスキエルドにボールが入る。ドリブルでボールを前に運んだイスキエルドは、ボックス手前まで進むと鋭いカットイン。相手からのプレスをはがし、シュートコースを作るとすかさず右足を振りぬいた。カーブのかかった強烈なシュートはGKの手を弾きながらゴール右に決まり、見事な追加点となった。

試合は、後半にも1点を奪ったブライトンが、3-0とウェストハムに完勝している。