ベガルタ仙台は22日、9月26日にスタートした緊急募金を中断することを発表した。

仙台は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による措置で観客入場に制限があることなどから、今期の赤字が約7億円に上ることを発表。債務超過となることから、ファン・サポーターに向けてクラウドファウンディングや口座振込を通じて緊急募金を呼びかけていた。

しかし、20日にMF道渕諒平(26)の交際相手への暴行が週刊誌で報道。仙台は同日に契約解除を発表していたが、このような事態が起こっていたことを公表しておらず、多くの批判が寄せられていた。

仙台は今回の緊急募金中断について「この度の当クラブ選手の不祥事につきましては誠に申し訳なく、ご支援いただきました皆様に心からお詫びを申し上げます」とし、「今回の事態を真摯に受け止め深く反省の意をお示しいたしたく、9月26日よりスタートいたしましたクラブ緊急募金の募集を中断することといたしましたのでお知らせします」と今回の不祥事を受けて中断することを決めたと発表した。

なお、クラウドファウンディングは仙台が管理していないとし、「クラブ緊急募金プロジェクトページ(CAMPFIREサイト)は、当クラブでは運用を中止することができませんので、誤ってご支援いただくことがないようご注意ください。(一部のSNS等から当該ページに接続できることがあります)万が一、誤ってご支援いただいてもご返金できかねますのでご理解ください」と注意を呼びかけていた。

債務超過、選手の不祥事に加え、成績も低迷している仙台。様々な面での信頼回復の道は険しいものとなりそうだ。