スペツィアは1日、FWエマニュエル・ギャシ(26)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

両ウィングを主戦場とするギャシは、トリノの下部組織出身。2016年の夏にピストイエーゼから当時セリエBに所属していたスペツィアに加入するも、即ピストイエーゼへレンタルで放出。翌シーズンも国内下部リーグに所属するズュートティロールへレンタルに出されていた。

スペツィアでデビューを飾ったのは2018年8月4日に行われたコッパ・イタリア3回戦のサンベネデッテーゼ戦で、2018-19シーズンはセリエB開幕戦からスタメンに名を連ねると主力としてレギュラーに定着。2019-20シーズンには、昇格プレーオフ決勝1stレグのフロジノーネ戦でセリエA昇格に繋がるアウェイゴールを記録していた。

自身初となるセリエAの舞台で、今季はここまで全試合に出場。11月29日のカリアリ戦で待望のセリエA初ゴールをマークしていた。