ファジアーノ岡山は3日、DF椋原健太(31)と来季の契約を更新しないと発表した。

椋原はFC東京の下部組織出身で、2008年にトップチーム昇格後、セレッソ大阪やサンフレッチェ広島でプレー。2018年から岡山入りした。

岡山加入後は初年度から明治安田生命J2リーグ30試合以上に出場。今季もここまで34試合に出場しているが、今季終了後に岡山退団が決定した。

なお、岡山は先月末にDF後藤圭太、FW三村真、FW赤嶺真吾の3選手とも来季契約を更新しないと発表している。