マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが前任であり、現トッテナム監督のジョゼ・モウリーニョ氏を非難した。

モウリーニョ氏の監督就任と同じタイミングの2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドに舞い戻ったポグバ。その初年度からヨーロッパリーグ(EL)などのタイトル獲得に導いた2人だが、副主将の座を剥奪される騒動や練習場での口論など、次第に軋轢が明るみになっていった。

そんなモウリーニョ氏は2018年12月に成績不振で退任。ポグバはオーレ・グンナー・スールシャール体制のユナイテッドで引き続きプレーしているが、前任とはやはりうまくいっていなかったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで当時を振り返り、厳しい言葉を投げかけた。

「オーレとの関係性とは別物だ。彼は選手と対立なんてしない」

「オーレであっても、ある選手をプレーさせないときがあるかもしれないが、そういう彼らをあたかも存在しないかのよう端に追いやったりなんてしない。そこがモウリーニョとオーレの違いだ」

「モウリーニョと最高の関係であっても、翌日になれば、何が起こったのかわからないようなこともあった。それが彼の奇妙なところで、僕ですら理解できないわけだから、説明するなんて無理だ」

一方で、師事を仰ぐスールシャール監督に対しては厚い信頼を寄せているようだ。難しい時期を過ごしたモウリーニョ体制を経て、現体制で輝きを放つイングランド代表DFルーク・ショーの例を挙げながら、ノルウェー人指揮官の選手マネジメントを評価した。

「おそらくだが、彼はもう少し人々に近いところにいるから、うまくいっているんだろうね。どんな監督であっても、自分なりの指導法や選手との接し方があるもの。選手はそれに合わせていかないとならない」

「それが自分に合ったり、そうじゃなかったりもすることもあるけどね。オーレはルークを手助けした。彼はモウリーニョの下で苦しんだが、自らのクオリティを示しつつ、監督からの信頼に応えている」