ユベントスは19日、イタリア代表MFフェデリコ・キエーザが左ハムストリングを負傷したことを発表した。

キエーザは、18日に行われたセリエA第31節のアタランタ戦に先発出場。しかし、この試合で左足の筋肉系を負傷すると、58分にブラジル代表DFダニーロと交代していた。

クラブの発表によれば、キエーザは19日の朝にJメディカルで検査を受けたとのこと。その結果、筋肉系の損傷は見られなかったが、ハムストリングの筋肉を伸ばしており、数日以内に再検査を実施するとのことだ。

イタリアメディアは、このケガでキエーザは21日に行われるセリエA第32節のパルマ戦は欠場すると報じている。

今季公式戦41試合に出場し13ゴール11アシストを記録しているキエーザの離脱は、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争うチームに取って大きな痛手となる。