ジョゼ・モウリーニョ監督の電撃解任の翌20日、アカデミーコーチのライアン・メイソン氏をシーズン終了までの暫定指揮官に任命したトッテナム。新監督候補には様々な名前が上げられた中、ひとまず既報通りという結果となった。

ライアン・メイソン氏はトッテナムの下部組織出身で、すでに20年もの間クラブに携わっている。2018年2月に頭部の負傷を理由に26歳の若さで現役を引退し、以降は同クラブのアカデミーでコーチや監督を経験。そして、この度暫定ながらトップチームの指揮官に大抜擢された。

その年齢は29歳と非常に若く、モウリーニョ前監督のちょうど半分という年齢。プレミアリーグでは史上最年少監督の誕生ということとなり、その手腕が大きく注目されている。

そこでイギリス『サン』は、プレミアリーグにおける歴代の若き指揮官たちを紹介。ライアン・メイソン新監督が29歳313歳で最年少記録を塗り替える前は、かつてクリスタル・パレスを指揮したイタリア人のアッティリオ・ロンバルド氏が持つ32歳67日が最年少記録だった。

現役時代はユベントスにも在籍し、イタリア代表経験のあるロンバルド氏は、1998年にクリスタル・パレスでプレーしていた際、プレイングマネージャーとして初采配。しかし、そのシーズンにチームは2部降格。同氏は監督の座からは降りたものの、選手としてもう1年クラブに残った。

歴代3位は、元ウェールズ代表のクリス・コールマン氏。フルアム在籍時の2002年に交通事故による足骨折で引退を余儀なくされ指導者キャリアをスタートさせると、翌年に32歳313日で監督に就任。正式監督としては今までの史上最年少記録だった。

その下に続く、ジャンルカ・ヴィアリ氏(33歳227日)、アンドレ・ビラス=ボアス氏(33歳301日)、ルート・フリット氏(33歳352日)の3名はいずれもチェルシーで指揮を執った人物。バロンドーラ―でもあるフリット氏は選手兼任だった。

最近では2015年にノリッジを率いていたアレックス・ニール氏が34歳60日という若さでプレミアリーグを指揮している。同年1月に、当時チャンピオンシップ(2部)で戦っていたノリッジの監督に就任すると、そのシーズンにプレミアリーグ昇格に導き、自らの力でプレミアリーグへ上り詰めた。

上述の指揮官たちはいずれも当時は現役でもおかしくない年齢だが、30歳を下回るのはメイソン氏が初めて。そんな青年指揮官の初陣は21日に行われるプレミアリーグのサウサンプトン戦。さらに25日にはEFLカップ決勝でマンチェスター・シティとの大一番を迎えるが、どんな成果をもたらすのか楽しみだ。

◆プレミアリーグ歴代若手監督
1.ライアン・メイソン(29歳313日/トッテナム)
2.アッティリオ・ロンバルド(32歳67日/クリスタル・パレス)
3.クリス・コールマン(32歳313日/フルアム)
4.ジャンルカ・ヴィアリ(33歳227日/チェルシー)
5.アンドレ・ビラス=ボアス(33歳301日/チェルシー)
6.ルート・フリット(33歳352日/チェルシー)
7.ケビン・マクドナルド(34歳1日/レスター・シティ)
8.アレックス・ニール(34歳60日/ノリッジ)
9.スチュアート・ピアース(34歳241日/ノッティンガム・フォレスト)
10.ポール・ジュエル(34歳313日/ブラッドフォード・シティ)