フランクフルトは6日、アメリカ代表DFティモシー・チャンドラー(31)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。

新たな契約にサインしたチャンドラーは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「私はすべてのユースチームを経験し、プロとしてもクラブで多くのことを経験してきた。アイントラフトとは、とても特別な関係にあると思っている。だからこそ、このように早い段階で契約を延長できたことは単純に嬉しいし、首脳陣の方々には感謝している。これからもこのファミリーの一員でいられることに感謝します!」

フランクフルト出身の元アメリカ代表DFであるチャンドラーは2011年にニュルンベルクでブンデスリーガデビュー。その後、2014年に下部組織時代を過ごした古巣に完全移籍で復帰を果たした。

以降はサイドバックやウイングバックを主戦場に在籍6年間で公式戦154試合に出場している。今シーズンは主に控えウイングバックとして公式戦14試合の出場にとどまっているがピッチ内での貢献は限定的だが、ユース出身であるうえに人格者として知られる同選手は、MF長谷部誠らと同様にチーム内で強いリーダーシップを発揮できる貴重な存在だ。