イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィナ会長が、ユベントスのセリエA追放の可能性について語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

今回、グラヴィナ会長は記者会見でユベントスに対する対応策を明言。これはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想からの撤退を表明していないことが発端となっている。

UEFAは7日、「ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)」の設立に参加を表明し、その後撤退した9クラブに対する処分を発表。「クラブ・コミットメント宣言」を提出させた上で、今回の件について罰金1500万ユーロ(約20億円)の処分を与え、来シーズンのヨーロッパの大会で受け取る収益の5%を徴収すると発表した。

また、将来的に無許可の大会に参加しようとした場合には1億ユーロ(約132億円)の罰金、「クラブ・コミットメント宣言」に違反した場合は5000万ユーロ(約66億円)の罰金を支払うことも約束させたと発表していた。

しかし、8日に撤退を表明していないレアル・マドリー、バルセロナ、そしてユベントスの3クラブは共同声明を発表。UEFAなどからの圧力を訴え、改めてESL構想が正しいものであるとの主張を行った。

改めて撤退を表明しなかったユベントス。これを受けグラヴィナ会長は、ユベントスのセリエA追放についてコメント。ESL構想から撤退を表明しない場合は、2021-22シーズンのセリエAに参加させないと語った。

「クラブがイタリアのリーグへの参加を受け入れるならば、彼らは国際機関の原則を受け入れるということだ」

「ビアンコネリ(ユベントスの愛称)がルールを尊重しない場合は、国内リーグへの参加を禁じられることは明らかだ」

「今朝、心配しているファンを見かけたが、誰もがルールを尊重しなければならない」

「9つのクラブがESLからの撤退を決定し、3つのクラブがまだ関わっている。しかし、この論争がすぐに終わることを願っている」