ブラジルサッカー連盟(CBF)は14日、東京オリンピックの最後の準備期間となる来月の代表ウィークに向けてU-24ブラジル代表23名を発表した。

アンドレ・ジャーディン監督は、5月31日から6月8日までのインターナショナルマッチウィークに向けて23名の候補メンバーを選出。現時点でフレンドリーマッチなどの詳細は明かされていないが、この期間が選手たちにとって最後のアピールの場となる。

今回のメンバーにはレアル・マドリーFWロドリゴ・ゴエスやアーセナルのDFガブリエウ・マガリャンイスとFWガブリエウ・マルティネッリ、ドルトムントMFヘイニエル、ローマDFロジェール・イバニェス、アヤックスFWアントニーなど、ヨーロッパの名門クラブで活躍する選手が招集。

また、国内組ではフラメンゴのMFジェルソン、FWペドロ、レッドブル・ブラガンチーノMFクラウジーニョといった注目の選手が招集されている。

なお、フラメンゴのMFエヴェルトン・リベイロとFWガブリエウ・バルボサはフル代表に招集されている。

大会連覇を目指すブラジルは、今大会でドイツ、コートジボワール、サウジアラビアと同じグループDに組み込まれている。

◆U-24ブラジル代表メンバー23名
GK
ガブリエウ・ブラゾン(オビエド/スペイン)
ブレンノ(グレミオ)
クレイトン(レッドブル・ブラガンチーノ)

DF
エメルソン(ベティス/スペイン)
ガブリエウ・メニーノ(パウメイラス)
ギリェルメ・アラーナ(アトレチコ・ミネイロ)
アブネル(アトレチコ・パラナエンセ)
ガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル/イングランド)
ロジェール・イバニェス(ローマ/イタリア)
ルイス・フェリペ(ラツィオ/イタリア)
ニノ(フルミネンセ)

MF
ジェルソン(フラメンゴ)
クラウジーニョ(レッドブル・ブラガンチーノ)
ブルーノ・ギマランイス(リヨン/フランス)
ヘイニエル(ドルトムント/ドイツ)
マテウス・エンリケ(グレミオ)
リジエロ(サンパウロ)

FW
アントニー(アヤックス/オランダ)
エヴァニウソン(ポルト/ポルトガル)
マウコム(ゼニト/ロシア)
ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル/イングランド)
ペドロ(フラメンゴ)
ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン)