イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がユーロ2020白星スタートに満足感を示した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、当初の予定から1年遅れで開催のユーロ。11日についに幕があがり、27試合無敗で本大会の初戦を迎えたイタリアはローマでグループA第1節のトルコ代表戦に臨み、3-0で勝利した。

後半にオウンゴール、FWチーロ・インモービレ、FWロレンツォ・インシーニェの得点で白星発進のマンチーニ監督は試合後、イタリア『Rai Sport』で安堵しつつ、ウェンブリー・スタジアムで予定する決勝の舞台を目指した。

「パフォーマンスは良いものだった。前半はゴールを決められなかったがね。初戦は簡単なものじゃなく、トルコも非常に良いチームだ」

「こうした試合は全ての要素が必要になってくる。観客の助けを借り、満足しているし、チームも本当によくやってくれたと思う」

「ボールを素早く動かして、常に誰かしらをフリーの状態にしてパスを受けられるようにできたのが大きかった」

「良いスタートを切るのが大事で、我々にとっても、ファンにとっても、イタリア人の誰もが満足のいくものだったと思う」

「素晴らしい夜であり、これからもそうであってほしい。ウェンブリー? 長い道のりだ。あと6試合もある」

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら