U-24日本代表のMF三笘薫(川崎フロンターレ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。

U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が3人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

この試合2列目の左サイドで先発した三笘は前半について「得点が入って楽な形になりましたけど、相手が低い位置からビルドアップして、少し間延びしてロングボールを蹴らされてという感じで。ボランチの選手がセカンドボールを拾ってくれてたのでありがたかったです」とコメント。「少し間延びしているところは強豪だと突かれると思うので、そこは修正すべきかなと思います」とチームの課題を語った。

一方で、後半は「結果を出さないとと思いながらやっていて、そこまでは気負わずにやっていました。(上田)綺世が良い動きをしてくれたので、感謝しています」とコメント。アシストシーンについて上田に感謝した。

この試合では前半に積極的に仕掛けゴールに迫ったシーンもあったが「簡単なミスが多かったですし、1得点に絡みましたけど、あれがなければ何もしていないので、満足はいっていないです。もっともっとやることが多くあると思います」と自身のパフォーマンスには満足していないと語った。

アシストシーンについては見事に上田の足元に入りゴールをおぜん立てした。「大学から綺世とやっていて、ああいった動きをするのはわかっていたので、スペースではなく足元に出せました。その前に(瀬古)歩夢も良いところにつけてくれましたし、ターンしてからスペースがあったので、上手くかわせてよかったです」とコメント。最終ラインからの良い流れでアシストできたと振り返った。一方で「あそこで潰されていたらカウンターになるので一か八かでしたが、そこは良かったですが、もっと強いチームにできるかはわからないです」と語り、自身が縦パスを受けてターンしたシーンも精度を上げる必要があるとした

この日は、久保、堂安と2列目でプレーしたが「なかなかロングボールも多い形で押し込む形が多く、ショートカウンターが多かったですが、その中で距離感が良い時もありましたし、なかなか近くでプレーする機会はなかったので、そこはもっともっとできると思います」と一定の手応えを感じた様子だ。

これでU-24日本代表の活動は一旦終了。東京オリンピックに向けた最終選考に入る。「試合がないので、選ばれるか選ばれないかはわからないですが、選ばれたら責任を持って戦うだけですし、選ばれなくてもここがゴールではないので、自分の成長を見据えて頑張りたいと思います」とコメント。選ばれなかったとしても、その先をさらに見据えてプレーしていくと語った。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら