U-24日本代表のMF久保建英(ヘタフェ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。

U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が3人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

この試合2列目で先発出場した久保は先制ゴールを記録。「中に切れ込んだときに、前回はニアに打ってGKに当たったので、ちょっとファーめに打とうかなと思いました。(DFの)1枚目は狙いましたが、その後は単なる偶然です」とコメント。3人の股を抜いたのは偶然だったとしながらも、U-24ガーナ代表戦ではGKにセーブされていたことを修正したと語った。

飲水タイム直後のスローインからの流れだったが「ああいったところは狙っていければ楽だと思いますし、切り替えの部分はサッカーで当たり前で、自分たちが相手を上回ったのかなと思います」とコメント。酒井宏樹(浦和レッズ)からも狙うように言われていたと語り、見事にハマったシーンとなった。

ゴールパフォーマンスでは両手で「K」を表していたが「前の試合の時に友達にやると言っていて忘れていて、今回決めたらやろうと思っていて、しっかりやれて良かったです」とコメント。「K」jについては「友達のイニシャルです」と「KUBO」の「K」ではなかったようだ・

この試合では1トップにFW前田大然(横浜F・マリノス)が入ったが「前田選手が前線にいるということはプレスの面でも強気に、自分たちの意図もあって、センターバックに持たせてということもありましたが、自分的にはもうちょっと前田選手は前で1人で追えちゃう選手なので、圧力をかけれればよかったかなと思います」と守備面についてもう少しやれたとコメント。「ハーフタイムで前田選手が代わってしまったので実現しなかったですが、ハーフタイムには奪った時にあまり見ずに感覚で出してもチャンスを作れる選手だと思うので、そういったことをしようと話してはいました」と、生かすプランを考えていたと明かした。

右サイドの堂安と酒井との良い連携を見せた久保。「トップ下からスタートしているということは、右サイドは分かり合えて良い連係がありますけど、自分は左サイドとの連係も気をつけていました」と語り、三笘や旗手怜央との関係も考えていたとコメント。「左サイドにもトップ下が顔を出す時間が均等までとはいかなくとも、どっちにも顔を出さないと数的優位を作れないので、自分のところでいかに数的優位を作れるかをトップ下の時は意識しました」と語り、左右どちらでも仕掛けようと考えていたようだ。

前半には惜しくもシュートはポストに嫌われたが、旗手からパスを受けて決定機を迎えたシーンもあった。「試合前に旗手選手と話をして、三笘選手がが外に張りたいタイプなので、その時に相手のスペースが空くので、そこに入ってきてくれれば、フリーだったら出すし、無理そうだったら戻してくれたら展開するという話をしていました、そこは今日も狙えたと思います」と語り、試合前から狙っていた形の1つだったようだ。

これで全ての試合が終了。残すは東京オリンピックのメンバー選考を待つのみとなる。五輪への思いについては「一旦ここで解散して、後はメンバー発表を待つのみだと思いますけど、自分もできることをやったつもりですし、それはみんなも同じだと思います」とコメント。「あとはメンバー発表まで休むことも大事だと思うので、今年は長かったですし、しっかり休んでメンバー発表の後に、選ばれた選手は戦うわけですし、選ばれなかった選手もここがゴールではないと、さっき横内監督とキャプテンの吉田選手が言っていたので、僕もその通りだと思います」と、まずは体を休めて次に備えたいとコメント。「選ばれる選ばれない関係なく、前を向いていければと思います」と決定を待ち、その先を考えたいとした。

改めて、オーバーエイジ3人が入ったチームについては「大会の構造として3人までオーバーエイジが入れるという理由を自分なりに考えた時に、やっぱり経験だなと思いますし、オーバーエイジ3人が入ることで試合も面白くなるし、大人のサッカーにもなるし、余裕が生まれるということもあります」とコメント。「今回の3人のようにすごくレベルの高い3人が入ってくれたことで、自分たちの底上げにもなります。融合というよりは、助っ人外国人みたいな感覚です。そこは3人の選手もプレッシャーもあると思いますが、そのプレッシャーも気にならないぐらいの試合を普段からされていると思うので、心配もしていないですし、自分たちは力を借りて選ばれた選手が戦えればと思います」と、大きな力になっていると語り、しっかりとその上で東京オリンピックを戦いたいと語った。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら